社員紹介

ibokin people

仕事も家事も自分の時間も
大切にしていきたい。

北海道出身の元保険会社の営業ウーマン。知らない土地、はじめての仕事ながらも、リサイクル知識の習得に励み、社内外からのさまざまな問い合わせや業務依頼に柔軟に対応。期日を守ることを何より大切に考え、スマートに業務をこなしている。公私ともに充実した毎日であることが信条である。

初めての土地で、プライベートも充実させたいと思いました。

私は北海道出身なのですが、結婚を機に夫の故郷の兵庫県へ引っ越してきました。私にとっては初めての土地です。家から近く、なるべく早めに帰れる職場を探していて、イボキンの求人に応募しました。というのも以前は保険の営業をしていたのですが、お客様のご都合に合わせると伺うのが17時以降になったり、平日より土日の方がいいという方も多くて…それだと生活のリズムが取れず、あまり自分のプライベートがない状態だったので、事務職に就きたいと思いました。たつの市の辺りは、あまり事務職の求人がなかったのですが、その中でイボキンは給与形態が良かったこともあります。

お客様のニーズに臨機応変に対応できるようにしています。

今は毎日の売上計上などの入力作業や、請求書の発行、電話応対などの業務をしています。お客様のもとから工場に搬入した廃棄物の金額を計上していったり、引き取り場所によって変わってくる運賃の計上、あとは締め日ごとにお客様に請求書を送付する仕事などです。以前やっていた保険の営業とはまるで違い、ずっとオフィスワークです。お客様によって、エクセルをはじめ、お使いのシステムもさまざまで、それに応じた入力作業をします。お客様からのこうしたい、ああしてほしいといったニーズに、臨機応変にご対応する感じですね。

困った時も、頼りになる先輩方がいて心強いです。

仕事は内容で分担していて、私は請求書発行のチームで3人で協力しながらやっています。たまにお客様からちょっと難しい要求などが入り、どう対応したらいいか迷うこともあります。そんな時は、社歴の長い先輩が代わって対応してくださり助かっています。何かがあった時や上長が不在の時に指示を仰ぐ存在ですね。営業さんや運輸の方からも頼りにされている指導係の方もいらして、とても頼りになります。月末の締めは忙しく、月初めになると1日3時間ほど残業が入ることもありますが、無事に終わってやっと「終わった…」と一息つくときにやりがいを感じますね。

事務や経理が未経験の私でも、
着実に成長できるあたたかな職場がある。

正確さと、いろんな知識を身につけていきたいです。

失敗はいっぱいありますね。当番の2人で現金の取り扱いをするのですが、私の数え間違いで、お金が少ない!といろんな人を巻き込んでしまって…結局落ち着いて数え直してみたら、ちゃんとあったことが恥ずかしかったです。小さいミスがまだ多かったりするので、そういうところをなくして、正確さを重視していきたいです。以前はリサイクルのことを全然知りませんでしたが、お客様からの廃棄物の処理や家電リサイクルなどのお問い合わせに電話対応するため、多少は知識を身につけられたかと思います。

キャリアステップ

  • 2021年

    入社

    環境営業部に配属。
    先輩たちの丁寧な指導のもと、初めての事務職にチャレンジ。

最後にこれを読んでいる求職者の方に メッセージをお願いします。

休みもきちんと取れて、安心して働ける職場です。

前の職場では、帰宅が夜10時、11時も当たり前で、休みの日もお客様の所に走ることも。有給休暇を取りづらい雰囲気もあって、結局全部消化できずじまいでした。イボキンは休みが取りやすく、連休にもしやすいので嬉しいですね。締め日前後以外は大体定時で帰宅できるし、休日もちゃんと取れます。私は事務職に就くのは初めてで、エクセルもあまり使っていなかったので不安もあったのですが、入社後から指導係の方がついて手取り足取り教えてくださり、安心して働くことができました。20、30代の人たちも多く、部署が違う人ともランチに行ったり、話しやすい雰囲気があると思います。

入社2年目~5年目、新卒入社、中途入社と
さまざまな経歴を持つ4人の社員による座談会。
入社のきっかけから仕事のやりがいや
休日の過ごし方などプライベートまで、
イボキンで働くリアルを語ってくれました。