プロジェクトストーリー

project story

Project 04

株式会社イボキン
創立50周年記念式典

outline 概要

開催日:2023年11月25日(土)
開催場所:神戸市内ホテル

ご挨拶

イボキンは本年10月10日を以って創業50周年を迎えることが出来ました。
これはひとえに弛まぬ努力を続けてくれた社員達、これまで贔屓にして下さったお取引先様、そして私達イボキンを受け入れ、ここまで育てて下さった地域社会の皆様のおかげであると心より感謝申し上げます。

イボキンは1973年に父 髙橋勇史が個人商店として創業し、長い年月をかけてこれまで成長発展して参りました。

創業当時は両親、叔父、叔母と家族みんなで力を合わせて仕事をしていて、当時はみんな一緒に暮らしていたので家の中は毎日本当に慌しかった事を子供ながらに記憶しています。

そしてそのうち社員も増え10人くらいの規模になりました。先代の強いリーダーシップの下、社員みんなが大変仲良くそして腕の立つ人ばかりで何でも工夫して自分達で作ったり治したりしていたことを思い出します。

私は50年の半分の今から25年前に入社しましたが、その時もまだ会社は小さく、今とは全然違う雰囲気でした。
それがここまで成長発展できたのは役員を始め、今まで支えてくれた今ここにいる社員全員のおかげです。本当にありがとうございました。
まだまだ頑張りますので、将来を楽しみについて来て頂きたくよろしくお願いします。

私は盛和塾という京セラの稲盛和夫氏を師とする経営塾で長年学んできましたが、その中の何よりも大切な教えが『家族主義経営』です。
その意味は家族同様である社員の物心両面の幸せを追求していくということです。
社員と家族の様な関係性を作り社員の心の幸せもお金の物質的な幸せもどちらも追求せよ、という教えです。
先代から伝わるDNAもまさにこの家族主義と同じだと思っています。
これをどこまでやれるのか、私はこれからも力の限り頑張りますので皆さんどうかついてきて下さい。

最後になりますが、家族主義はまず自分の家族を大切にするところから始まります。皆さん、どうかご家族をこれからも大切にしてあげて下さい。
社員とご家族のご健康、ご多幸、そして私達を取り巻く全ての皆様の幸せを祈願して私の挨拶とさせていただきます。

ありがとうございました。

代表取締役 高橋 克実

当日の様子

当日はご家族を含めて約300名の方がご参加くださり、美味しい食事とともに記念式典が開催されました。

プログラムとして創立50周年を記念する各表彰と部署紹介を執り行いました。
改善提案活動賞・安全に対する取り組み賞・ブログ大賞・営業部賞・各部門推薦敢闘賞で、16名3部門の方々が表彰されました。

部署紹介では、普段どんな仕事をしているのか、どんな人たちと一緒に働いているのかをご家族に知っていただくために各部署から自部門の部署紹介映像を作成しました。イボキンでは、様々な部署が存在し、全部署が一丸となって仕事に取り組んでいます。

最後に全社員で準備した感謝を込めたアルバムを高橋社長へお渡しするサプライズで式典は無事に終了しました。

60年、70年、そして100年後もこのような素晴らしい式典が開催できるようにこれからも当社グループ一丸となって邁進してまいります。

入社2年目~5年目、新卒入社、中途入社と
さまざまな経歴を持つ4人の社員による座談会。
入社のきっかけから仕事のやりがいや
休日の過ごし方などプライベートまで、
イボキンで働くリアルを語ってくれました。