エコ事業

第三者機関テュフ・ラインランドが定めた「長期連続試験」、世界で初めて認証を取得

京セラ製の量産型太陽電池モジュールは、製品の安全・品質について認証を行う第三者機関であるテュフ・ラインランドが新たに定めた信頼性に関する「長期連続試験」において、世界で初めて認証を取得しました。

厳しい条件化での試験に合格

「長期連続試験」は、一般的な国際基準であるIEC(国際電気標準会議)よりもさらに厳しい条件下で、約1年間にわたり連続した試験を行う総合的な太陽電池性能品質テストのことです。
従来は、試験ごとに別のモジュールを使って検証してきましたが、この新試験は、1枚のモジュールを使い「高温高湿」、「温度サイクル」、「結露凍結」、「バイパスダイオード」の4項目の試験を連続的に実施し、各段階の終了ごとに出力性能を測定するというものです。
新試験において、京セラ製太陽電池モジュールは4項目の全てにおいて基準値をクリアしたことが確認され、認証取得しました。製品の信頼性を裏付ける事例のひとつと言えます。

第三者機関テュフ・ラインランド長期連続試験

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時