エコ事業

10年以上使えるの?

故障せず、10年以上経っても発電中


神奈川県N様:
14年経過

14年経過:神奈川県N様の場合

「導入時、メンテナンスはどうかと思ったのですが砂漠など環境のひどいところで太陽電池が使われているのをテレビで見て、大丈夫だろうと思いました。今まで一度も故障していません。導入すると自然と光熱費の事や、エネルギーの事を考えてどこかで節約しようという気になります。」
※2008年時点 (1995年にご設置)

 

27年経っても現役で稼動している京セラの太陽光発電


佐倉ソーラーセンター
:27年経過

27年経過:京セラ佐倉工場の場合

千葉県の京セラ佐倉ソーラーセンターに設置されている太陽光発電(43kW)は1984年に竣工し今年で27年目を迎えますが順調に発電しています。今は、当時の蓄電池付き独立システムから連系システムに変更しておりますが太陽電池はそのまま使用しています。現在国内で発電中の大型システム用太陽電池では最も古い太陽電池と推定されます。

※2011年時点

 

様々な環境でも動き続ける京セラの太陽光発電システム

多様な環境を想定して設計されている製品だから安心してご利用いただけます。

熱帯で 砂漠で 極地で

 

実はこんなところでも。トヨタ“プリウス”に京セラ製ソーラーパネルがオプション搭載

世界の代表的な”エコカー”プリウスに、
京セラ製ソーラーパネルがオプション搭載

トヨタ自動車様のハイブリッドカー”プリウス”のオプションシステム「ソーラーベンチレーションシステム」に、京セラのソーラーパネルが採用されています。
このシステムは、駐車中にソーラーパネルで発電した電力によりファンを動かすことによって車内の換気を行い、車内の温度上昇をおさえます。
過酷な使用条件にさらされる自動車でも京セラの技術力や品質、信頼性が評価されています。

 

 

京セラが選ばれた理由は「高い品質と信頼性」、
「見た目にも美しい」こと

プリウスへの搭載にあたって、曲面のあるルーフのデザインに最適な電池形状とレイアウトを新たに設計しました。
表面に繊細な凹凸が施された京セラのソーラーパネルは、反射が少なく濃紺色の落ち着いた色調が特徴です。
厳しい品質管理に基づく均一な色合いが、見た目にも美しい太陽電池。
これも、製造する太陽電池を一貫生産する京セラだから実現できる品質です。

 

太陽電池ができるまで

京セラでは、製造する太陽電池のすべての工程を一貫して社内で行うことで、技術や製品品質の向上に取り組んでいます。

補助金がもらえるの?

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時