discussion
社員座談会

社員座談会

イボキンって
どんな会社?

入社2年目を迎えた
若手社員(大卒・専門卒)に
就職活動を経て
イボキンを選んだ理由、
イボキンらしさなどを
率直に語り合ってもらいました。

MEMBERSメンバー

礒脇 慎太郎 環境営業部[2020年度新卒]
礒脇 慎太郎
(SHINTAROU ISOWAKI)
環境営業部
[2020年度新卒]
玉田 彩夏 総務人事部[2020年度新卒]
玉田 彩夏
(AYAKA TAMADA)
総務人事部
[2020年度新卒]
松岡 拓哉 解体工事部[2020年度新卒]
松岡 拓哉
(TAKUYA MATSUOKA)
解体工事部
[2020年度新卒]
福本 拓磨 環境営業部業務グループ[2020年度新卒]
福本 拓磨
(TAKUMA FUKUMOTO)
環境営業部業務グループ
[2020年度新卒]
髙橋 優子 経理部[2020年度新卒]
髙橋 優子
(YUUKO TAKAHASHI)
経理部
[2020年度新卒]
自己紹介をしてください
・仕事内容・趣味・休日の過ごし方
高橋

私は経理部に所属しており、パソコンでの入力業務が多く、主な仕事としては日々各部署から回ってくる注文書や納品書を消耗品費など各科目に仕訳・計上をしています。また、請求書も回ってくるので事前に仕訳したものが合っているかの照合も行います。他にも銀行へ行くために外出することもあります。
趣味はインドア派なのでYouTubeを観たりドラマ・バラエティ番組を観ることが好きです。でもたまには旅行にも行きたいのでコロナが収束したらどこか旅行に行きたいですね。

礒脇

私は環境営業部で営業をしています。主な業務内容は新規のお客様のお問い合わせの対応やどういったものを処分したいかなどの廃棄物に関するヒアリング、廃棄物の引き取り現場の下見、引取立ち合い、廃棄物の収取運搬処分のお見積りの作成などです。
休日は夜な夜なスケートボードの練習をしています。あまりやりすぎると怪我につながる恐れもあるのでほどほどですが・・・。

福本

スケートボードは社会人になってから?

礒脇

大学生時代に友達と一緒に始めました。

玉田

すごいですね!

福本

環境営業部で営業事務をしています。廃棄物の引き取りに必要な契約書の作成、ISO27001に関する業務を行っています。契約書は必ず結んでおかないといけないもので、契約書交わさずに廃棄物の引き取りを行うことは刑罰にあたることですし、何よりお客様からの信頼を大きく損なってしまうことにもつながります。そういった意味では非常に責任のある仕事だと思って取り組んでいます。
休日の過ごし方ですが、今はコロナで外出ができないので友人とオンラインでゲームをしたり映画を観たりしています。水族館に行くことが好きなので、コロナが終わったら静岡県の深海魚水族館や高知県の廃校を改装した水族館など行きたいですね。

玉田

私は総務人事部に所属しています。主な仕事は社員の毎日の勤怠管理をしたり、会社HPの編集を行ったり、社内報の発行も担当しています。HPは社内で編集できることが限られていますが、ニュースの更新などをしています。社内報は年に3回発行しているのですが、先輩や上司に確認してもらいながら企画から編集まで行います。他にも採用メンバーの一人として採用活動も行っています。
海外旅行が好きですが現在は行くことができないので、最近は漫画を読むことにハマっています。あとは外出したいので家の近所を散歩したりしています。(笑)

松岡

解体工事部で現場管理の仕事をしています。現場で建物の解体を実際に行うのは職人の方々ですが、私の仕事は職人の方々が安全に作業を行えるようにするにはどうすればいいのかを考え実施しています。現場では解体してはいけない物や優先的に解体しなければならない部分など様々な条件がある為、工事を頼んでいただいている方から情報を聞き、それを職人さん方に知らせ共有するということもしています。安全に円滑に解体工事を進めるにはどうすればよいかということを常に考えて日々現場対応をしています。
今年のGWは家でゲームをしていたり、家の庭でBBQをしていました。GW中は毎日外でお肉を焼いていました(笑)

入社を決めたきっかけは
何ですか?
松岡

私は就活をする際に今後ますます必要とされる職種を中心に企業選びをしていました。産廃の処分についての問題が年々深刻化し、ニュース等でも度々目にします。また、バブル期に建てられた建物の老朽化問題や廃墟問題も目にすることが多く、解体業に関しても需要が増してくると思いました。スクラップや産廃を処理できて、解体も行いそこで出た解体材も自社で処理できるというワンストップサービスというところに強い魅力を感じました。こうした理由から、イボキンがどのような状況でも必要とされる仕事があると思い入社しました。

玉田

松岡さんは解体事業に興味が元々あって、解体工事部に配属になったんですね。

松岡

そうですね。入社前にやってみたかったことを今できているので良かったなと思います。

福本

僕自身就活しているときはイボキンが解体事業もしていることを知らなかったけど、環境リサイクル業のイメージが強いですよね。

礒脇

解体事業は今イボキンが一番力を入れている事業の一つになっていますね。
私は自分がやりたい仕事・行きたい業界が3年生の冬の段階ではっきりしていなかったのでITやアパレル、金融、不動産などいろいろな業界業種の説明会や面接に参加していました。そんな中イボキンのインターンシップの募集を見かけ、ちょうどそのころ中国の廃プラスチック類の輸入規制のニュースをしていたこともあり、なんとなく参加したのがきっかけでした。
インターンシップでは会社説明会や工場見学を終えて昼食を食べていた頃に突然高橋社長が来られて、社長との距離が近い会社だなあと感じたのを覚えています。また、会社説明会や面接のときに「日本を代表する総合リサイクル企業を目指す」「社員みんなが家族に誇れるような会社にする」と社長がおっしゃているのを聞いて、何かすごいことができるかもしれないと感じたことが入社を決めたきっかけですね。

玉田

インターンはどんなことしたんですか?私はインターンシップは参加しなかったので・・・。

礒脇

工場見学をしたりイボキンやその業界に関係あるクイズとかありました。

玉田

インターンは会社の雰囲気がよく分かるので、行った方が良いですよね。

礒脇

会社説明会だとわからない会社の素の雰囲気が分かりますよね。

福本

小中学生の頃は野生動物を保護するような仕事に就くことを夢見ていました。しかし高校で出会った先生の影響で人を助ける福祉分野に興味を持つように。いざ就活を始めるときに人か動物がどちらに携わりたいか悩んだときに、環境を良くすれば人間も動物も救えるのでは?という考えで環境関連の仕事をしている会社を探し始めました。

玉田
高橋

人と動物を救う→地球環境を良くする という考えがすごい!(笑)

福本

(笑) あとは、他にも同業他社はあったが長く働くなら大きく変化していく会社の方が楽しんで仕事を続けられるのではないかと思って、イボキンは2018年にJASDAQ市場に上場を果たし、これからどんどん変化があるんじゃないかと思い入社を決めました。

入社後に感じた
ギャップはありますか?
高橋

有休がとりやすいことには驚きました。一般的に社会人って有休あまりとれないのかなと思っていたので、イボキンは取りやすく月に1度ほどお休みをいただいたりしています。
後は、私は経理部は一人で黙々と仕事をするイメージがあったけど、実際は他部署との連携がすごく多くて。そこもギャップでした。

松岡

僕は現場管理の仕事をしていく中で、現場の職人さんとのコミュニケーションにギャップを感じました。職人さんには経験豊富なベテランの方が多いので怖いイメージだったんですが、実際は話しかけやすかったり困ったときにたすけてくれる優しい方がほとんどです。

高橋

松岡君は職人さんたちに指示をする立場になると思いますが・・・

松岡

最初は指示しづらいこともありました。でもコミュニケーションをとっていく中で打ち解けることもあるので、今は大丈夫です。

福本

僕はコンプライアンス遵守に対する意識の高さに驚きました。上場したということもありますし、イボキンは環境マネジメントシステムであるISO14001(※)も取得していることもあるとは思いますが、イメージとしては大手企業は厳しそうですが、イボキンのような中小企業になるとそんなことないのかなと思っていました。

礒脇

僕はインターンシップと何回か説明会に参加したのもあって、ギャップは特に感じませんでした。ただ、仕事においては皆さんが想像している営業職のイメージとはギャップがあるかもしれませんね。イボキンの営業は実際に引取現場に立ち会ったり作業をすることもあるので、一般的なデスクワークを行う営業と少し異なっています。ですので、そこは少し驚かれるかもしれません。

玉田

私は事務職志望で入社しましたが、イボキンでは事務職でも総務や経理と、廃棄物を持ってこられたお客様の対応や廃棄物の計量を行う事務職もあります。一般的な事務職のイメージにはないので、驚きました。
あとは新入社員にも仕事がちゃんとあるということ。やることがなかったらどうしよう、と不安に思ったりもしましたが、新入社員にも仕事を任せてくれることもギャップでした。

※環境マネジメントシステム 認証登録のこと。当社は1999年12月以降、更新審査を受け22年間認証取得をしている。

“イボキンらしさ”って?
福本

僕は常に明るく取り組んでいることだと思います。今はコロナ禍で世界的に苦しい状況の中、高橋社長を筆頭にイボキンの社員は明るさを失わずに仕事に取り組んでいるというのがイボキンらしさを感じますね。

礒脇

イボキンの仕事って、社会の一番下にあるから、その上にある全ての事が停まってしまわない限りなくならない。そこは強みでもありますよね。
僕は夏バテで体調が悪いときに、社長から野菜ジュースを1箱分差し入れでいただいたんです。その時に社員に対する気遣いや責任感を感じました。他にも、研修中はどの部署に行っても話しかけやすい雰囲気づくりを徹底してくださったように感じました。

福本

研修中は同感。しかも僕たちはコロナ感染防止で1ヶ月自宅待機だったから研修は1ヶ月だけになってしまったのに、どの部署の人も優しく接してくれたのはうれしかった。。

礒脇

研修の時に気さくに話しかけてくれたから、配属が決まった今でもコミュニケーションを円滑にとれていると思います。

玉田

私もお二人と同じような意見になるんですけど・・・社員みんなが仲良くて、明るいところがイボキンらしさだと思います。研修中も各部署に採用メンバーがいて話しかけてくださったので良かったです。

将来的な目標を
教えてください。
新入社員研修でグループワークをしている様子
高橋

今取り組んでいる日常業務の仕分けでも、まだ迷うこともあるので、経験を積み、どんな取引内容であっても適切な科目で迷うことなく仕分けができるようにしたいです。
また、簿記2級を取得して日常の仕分けだけでなく決算整理など先輩が今されている仕事が理解できるようにして、他部署の方からの質問にも一人で応えられるようにしたいです。

玉田

私が所属している総務人事部は業務内容が幅広く、みんなそれぞれ受け持っている仕事が異なっているのですが、もっと他の人の仕事の内容を理解したいです。
あとは、負けず嫌いなので1番を目指して頑張りたいです!

福本

イボキンでは建物の解体からそこで出た廃棄物の運搬、処理までの一連の流れを全て自社で行うというワンストップサービスを強みとしています。そのため当社では他部門とのつながりや連携を綿密に行う必要があるので、自部門の業務だけでなく他部門がどのような業務を行っているか把握することが大切です。現在がまだ自部門の業務すら把握しきれていませんが、いずれはイボキンのすべての部門でそのような業務が行われているのか把握し、営業の方々が安心して業務を任せられるような存在になりたいです。

礒脇

イボキンは業界・職種ともに非常に多種多様な方々をお客様に仕事をさせていただいております。そんな中でイボキンだから、この人だから依頼したいとお客様の思っていただけるような営業、魅力のある人間になりたいです。

松岡

今はまだ誰かについて現場へ行っていますが、今後は独力遂行できるようになりたいです。現場で起きることを予測して工程を考えたり、必要なものをしたりと、私がいるから工事がスムーズにできて良かったと言ってもらえるようになりたいですね。

学生の皆さんへ
メッセージ
礒脇

就職活動をしてつらいことやしんどいことは多々あると思います。全てを投げ出したくなることもあるかもしれません。それでも自分自身を否定することはせず、しんどい時は甘いものでも食べて、休みながら一日一日を乗り越えていきましょう。皆さんの就職活動が後悔のない、実りのあるものになるよう応援してます。

玉田

私は就職活動をする中で、楽しく常にやりたいことがある会社で働きたい、楽しいと思える仕事をするのは一番と思っていました。イボキンはそう思わせてくれる会社です。日々の業務で難しいことや悩むこともありますが、先輩社員の方々や同期社員が助けてくださります。一緒に目標を持ちながら私たちと一緒に働きましょう!

高橋

就活は一人でやろうとするのではなく、自分の軸を探すときは面接の練習など回りの方々にも協力してもらい、客観的な意見を聞いた方が良いです。もし上手くいかなくても諦めずに探し続けていれば入社したいと思う、してほしいと思われる企業は見つかると思うので頑張ってください!

福本

自分にとってやりたいこと、やりたくないこと、向いていること、向いていない事を分析することが大切だと思います。その中でやりたくないかつ向いていないという業種職種以外は調べたり会社説明会やインターンシップなど話を聞きに行くべきだと思います。やりたくないと思っていたことでも知ることで面白そうと思えるかもしれないし、向いていないと感じたことでもやりたいという思いを持って取り組み続けることで必ず自分自身がそれに向いた人間に変わっていくと思います。今の自分には何にでもなれるということを忘れず、様々な業界の話を聞いて悔いが残らない様な就職活動をしてください。

松岡

就活は大変で嫌だと思うことも度々あると思いますが、自分の人生を左右するとても大切な事だと思います。私が就活のことを本気で考えるようになった時は何がしたいのかすら定まっていませんでしたが、様々な企業を調べてたり将来のこと、自分がしたいことを考えて少しずつ絞っていきました。入社してから思っていたものと違い嫌々仕事をするという事にはならないように自分自身がしたい事をじっくりと考えて後悔のないように就活をしてほしいです。

※写真撮影時以外はマスク着用・アクリル板を設置し新型コロナウイルス感染防止対策を行い実施しました。