設備紹介 part.3

2014.5.21

イボキン龍野工場の加工機械設備の中にプレス機があり、

 

当社では2箇所に設置してあります。
今回は、その内400tプレス機の説明をさせていただきます。

 

Part.3『400tプレス機』

400tプレス機は、龍野工場の⑥番に設置してあり、皆さんの身近なもので言えばアルミサッシ、
その他にブリキバラ、車のボディーガラ、新断などと呼ばれるものを、プレス機で締め上げ、80cm四方のブロックの大きさに圧縮します。

アルミサッシ(その他アルミ薄物など)

 

新断(しんだち)(※薄い鉄板を打ち抜いた屑)

 

〈選別〉での写真にあるように、重機(ZAXIS200)でスクラップの仕分けを行い、
400tプレス機に投入後、圧縮をします。

 

ではなぜ圧縮をするのでしょうか?

 

その答えは・・・
圧縮することで輸送効率を高めることができるからなのです!

トレーラーなどに積込み、プレス製品として製鋼メーカーへ出荷していますが、
その時にもリサイクルしやすい形になっています。

 

 

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時