設備紹介 part.1

2013.4.25

金属リサイクル事業を行う龍野工場に入荷されたスクラップは、
出荷先のニーズに合わせ様々な『加工』を
行っています。

 

これからシリーズで龍野工場で活躍している主要設備を
ご紹介していきます。

 

イボキンで保有している加工機械設備の中には
代表的なものとしてギロチンシャーがあります。
イボキンでは、1,000tと1,250tのギロチンシャーを保有しており、
まずは、1,000tギロチンシャーからのご紹介です。

 

Part.1『1000tギロチンシャー』

1,000tギロチンシャーは、龍野工場の屋外(工場中心付近)に設置してあり、
主にイボキンの検収で上級屑、

特A(厚さ6mm以上、長さ1200mm以上)

 

特級(厚さ3mm以上6mm以下、長さ 問わない)

 

の加工に使用します。

 

ZX330LC(ハイキャビン)でスクラップの仕分けを行い、
1,000tギロチンシャーに投入後、切断し、そして、製鋼メーカーへ出荷します。

 

 

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時