最新記事

事業部別

関連リンク

月別アーカイブ

カレンダー

10月 2017
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

人気記事

‘ ともちゃんブログ ’#38 『 嫌われる勇気 』

2014.11.10

こんにちは。

‘ともちゃん’こと経営企画課の吉田朋子です。

 

日の出が遅くなり、朝起きるのが確実に遅くなりました。

子供のお弁当が2色弁当になってしまっています・・・

 

今年の6月にHPでお世話になっている方より、アルフレッド・アドラーの『嫌われる勇気』と『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』という2冊の本を貸していただきました。

どちらかというと100の言葉の本に共感し自分自身反省する点も多くあるなぁと感じました。

 

『嫌われる勇気』の本は、問答形式のような書き方だったので、斜め読みのスピードに拍車がかかり、読んだ後も「嫌われる勇気」の意味があまりよくわかっていませんでした。

 

ところが先日の休みの日に溜まった新聞を読んでいて『ほめるな 叱るな 教えるな』と本の広告が目に留まりました。

よく見ると、『アドラーに学ぶ部下育成の心理学 「自ら動く部下」がほしいなら ほめるな 叱るな 教えるな』という本でした。

 

『ほめるな 叱るな 教えるな』

一体どういうこと?ほめなくていいの?叱らなくていいの?教えなくていいってどういうこと?と思いつつ、そういえば2冊アドラーの本を読んだときにたくさん書き出したなぁと思い、これもHPでお世話になった同じ方よりいただいたmoleskineのノートをめくってみると、私はたくさん書いているじゃないですか・・・

 

1

なんでも記録しておくってホント大切ですね。

読んだ内容を忘れている自分にも驚きますが、書き留めていた内容にも驚きます。

 

『嫌われる勇気』という言葉の意味が書き留めた内容から腑に落ちました。

もう一度『嫌われる勇気』斜め読みせず、読み返したいと思います。

 

書き留めた文章のなかに

「苦しみから抜け出す方法はたった一つ。他の人を喜ばせることだ。「自分に何ができるか」を考え、それを実行すればよい」

という一文がありました。

研修内容を考えているときにこの言葉は私の心に響きます。

本から学ぶことはたくさんありますね。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時