プラスチックマテリアルリサイクル廃棄物が資源に。そんなシステムと技術があります。

PMR(Plastic Material Recycle)とは

プラスチックマテリアルリサイクル

株式会社イボキンでのプラスチックマテリアルリサイクルを意味し、プラスチックは
ホットカットペレタイザーでリペレットし、販売先の国内外メーカーにおいて
再度プラスチックに生まれ変わります。

 

廃棄物処理は焼却・埋立による「処分」から、ゼロエミッションを目的とした
リサイクル処理へと移行し、
現在ではそのリサイクルの「品質」がより高いものを
要求されるようになりました。
株式会社イボキンは資源の少ないわが国から国外へと資源流出を
最小限に止めるための国内循環を目的として(PlasticMaterialRecycle)工場を立ち上げ、
本格稼動いたしました。

 

私たち株式会社イボキンは、「自己完結型のリサイクル」を目指し、
すべてのお客様に「イボキンに任せれば安心」といっていただけるよう取り組んでいきたいと思います。

 

 

お客様へ

製造流通過程で発生する良質な廃プラスチックを最も環境負荷の少ない方法
リサイクルすることにより、環境への貢献を図りたいと考えております。

取り扱い品目は、PP・PE・PA・PMMA・PC・PETなど熱可塑性樹脂全般にお取り扱いしておりますので、
何なりとご相談ください。

 

工場見学も随時実施しております。専門のスタッフがご案内致しますので、
ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

買取強化プラスチック
単一素材のPP(ポリプロピレン)PE(ポリエチレン)フィルム・ロール物など
お気軽にお問合せ下さい!

 

PMR リサイクルフロー

プラスチックマテリアル

プラスチックはリサイクルのフローを経て再生ペレットになり、
プラスチック製品メーカーへ販売されて
製品に生まれ変わっていきます。

 

 

リサイクルフロー

材料投入 温度調整 破砕・溶融
1. 材料投入 2. 温度調整 3. 破砕・溶融
異物除去 水分除去 ホットカット造粒
4. 異物除去 5. 水分除去 6. ホットカット造粒
ペレット化 梱包
7. ペレット化 8. 梱包
1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時