プラスチック サーマル リサイクル御社の廃プラスチックに最適なリサイクル方法をご提案

収集運搬からリサイクル処理までをトータルにサポート

株式会社イボキンは、セメントメーカーと連携し、セメント原燃料化の再資源化処理に 取り組んでおります。  

分別されて排出される廃プラスチックや混合廃棄物から塩素を含まない廃プラスチックを手選別し、 50mmアンダーまで破砕処理を行います。   破砕後の廃プラスチックは石炭の代用品としてリサイクルされます。 「ゼロエミッション」を検討中のお客様、御社の廃プラスチックに最適なリサイクル方法を ご提案させて頂きますので、廃プラスチック処理ならイボキンへお任せください。

 

 

プラスチック サーマル リサイクル

リサイクルフロー

廃プラスチック燃料化リサイクルフロー  

廃プラスチック 処理フロー

廃プラスチック処理フロー  

  • プラスチック マテリアル リサイクル
    • 熱可逆性樹脂 → 破砕・溶融 → ホットカットペレタイザー → ペレット製品

    再生ペレットはプラスチック製品メーカーへ販売されてプラスチック製品に生まれ変わります。

  • プラスチック サーマル リサイクル
    • 塩化ビニル以外のプラ → 破砕 → 燃料化 → セメント工場へ

    セメント製造に必要な石炭の代用品として使用され環境負荷を低減します。

  • RPF(固形燃料化)
    • 塩化ビニル以外のプラ → 有機物と混合して粉砕 → 成型加工 → RPF製品

 

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時