解体事業

解体工事の流れ一般的な解体工事の流れをご紹介します。

解体工事の流れ

1.解体工事お問い合わせ

電話又はメールにてまずはお気軽にご相談ください。

※事業所はこちら→クリック

 

2.現地調査

現地でお施主様に立会いをして頂き、解体における打ち合わせを行います。
解体部分、残す部分等をお互いに確認しながら打ち合わせすることで、
間違いや行き違いによる後々のトラブル防止になります。
同時に担当者が物件の寸法や近隣状況を確認します。

 

3.お見積の提出

現地調査の結果を基に、見積書を作成させて頂きます。
提出した見積書の内容をご確認して頂きながら、担当者が工事内容、施工法について説明させて頂きます。
ご予算、工事着工の時期、工期等の都合があると思いますのでご相談下さい。
見積書に関しましては、物件の条件により多少の違いはありますが、
見積書提出期限を、7日以内と考えております。

 

4.解体工事請負契約

お見積の内容をご確認の上で、打合せ時の内容との相違や不備が無い等、
条件にご納得頂ければご契約をさせて頂きます。

 

5.建設リサイクル法に基づく届出

延べ床面積が80㎡を超える場合は、届出が義務付けられています。

 

6.近隣挨拶

工事着工前にご近所の方々にご挨拶をして、解体工事のご説明をされておくことをお勧めします。
施主様、元請業者様ご自身でご挨拶される場合と、着工前から一貫して対応してもらいたいというご場合が
あるかと思われますが、ご希望であれば弊社の担当者が、ご挨拶、ご説明をさせて頂きます。
チラシに担当者連絡先を明記し、現場担当者として工事完了まで対応させて頂きます。

 

7.解体工事施工

騒音対策:防音シート・パネル養生
振動対策:重機低速走行、負荷をかけない操作
防塵対策:防塵シート・散水
安全対策:有資格者による作業

※施工の状況(参考)はこちら→クリック

 

8.マニフェスト伝票作成

産業廃棄物がどのように処理されたかを書類にしたもので、5年間の保存が義務付けられています。

※マニフェストとは(排出事業者の義務)はこちら→クリック

 

9.解体工事完了

工事が完了したら、最終チェックをして、お客様にご確認いただき、ご納得頂けましたら、工事の完了です。

 

10.建物滅失登記

 登記申請書に建物取毀証明書を添付して建物滅失登記を行ってください。

 

※解体工事についてご不明な点や質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

お電話の方は株式会社イボキン本社工場 TEL0791‐72‐3531 
解体工事課までお問い合わせ下さい。

 

安全面への配慮(安全管理)労働安全衛生法等に基づいた作業で災害ゼロを目指します!

解体工事で最も重要な位置にある安全管理
労働安全衛生法等に基づいた作業で災害ゼロを目指します!
イボキンでは、現場の安全衛生をたもつため以下の取組を行っています。

 

1.作業開始前のラジオ体操

体を使う作業のため、万が一の時に怪我をしないよう
作業開始前には必ずラジオ体操をおこない、
体を十分に温めてから作業に移ります。

 

2.朝礼・指差呼称

作業前には朝礼を行い、作業内容の確認及び注意事項などを確認し、
指差呼称で安全確認をします。

 

3.現地KY(危険予知活動)

作業の内容や方法・段取り・問題点について作業途中、
定期的に話し合いを行います。また現場において高所からの墜落災害や、
感電災害等など作業前に危険要因をあらかじめ予測し、
危険予知活動を行います。

イボキンでは昨年度より、リスクアセスメントを導入し
工事着手前に作業の危険性・有害性を洗い出しその危険度を評価し、
重大災害の撲滅にも力を入れて取り組んでいます。

 

4.立入禁止措置

安全のため作業員などの関係者以外は
作業現場に立ち入ることができないように立入禁止措置をとります。

 

5.火気安全対策

ガスや塗料など火災の原因になりかねない要素を安全に管理するため、
火気の使用可能なエリア、責任者を定め、安全をまもります。

 

6.安全パトロール

社内安全衛生委員会による現場巡視者が定期的に安全パトロールを行い、
安全管理状況を点検し、安全の確保を行います。

 

7.安全注意事項現場表示

多くの作業者が働く解体現場では、事故を防止し、
工事の安全を図るため各所に安全注意事項を現場に表示し、
安全の保全に努めます。

 

8.5S運動の推進

5Sとは整理・整頓・清掃・清潔・しつけの事で、
この基本となる5Sをただす事で安全な環境づくりを行っています。

イボキンでは解体現場だけでなく各事業所にて、
定期的に社員全員による5S活動を行なっております。

 

9.KY活動・3R運動の推進

3R運動(REDUCE(リデュース(発生抑制)、REUSE(リユース(再使用)、RECYCLE(リサイクル(再生利用)の3つのRに心掛け、
無駄のない安全な環境を作ります。
またKY活動により現場において高所からの墜落災害や、
感電災害等など作業前に危険要因をあらかじめ予測し、
防止対策を立てます。

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時