解体事業

アスベスト除去工事飛散性アスベスト(レベル1・2)特別管理産業廃棄物収集運搬許可保有!

飛散性アスベスト除去実績紹介

石綿(いしわた)は、「せきめん」、「アスベスト」とも呼ばれ、1970年代から1990年代にかけて
大量に我が国に輸入され、その多くは建材として建築物に使用されました。
この当時の石綿を含有した建築物の老朽化が進むことから、
今後これらの建築物等の解体や改修工事が増加することが予想されます。

現在は石綿含有製品の製造、使用等が禁止され、また、労働安全衛生法令等の改正によって
石綿取扱い作業に従事する作業者に対する教育などの一定の規則が定められています。

 

イボキン解体工事部では、「石綿作業主任者」、「石綿取扱い従事者」の有資格者による安全な除去作業、
廃石綿の運搬に際しても特別管理産業廃棄物収集運搬許可を保有しております。
アスベストの除去作業から収集運搬、また適正な処分まで一貫してイボキンにお任せ下さい。

 

 

参考:配管石綿パッキン(レベル2)

 

事前調査・打合せ 次へ 除去作業 次へ 専用袋詰作業 次へ
1. 事前調査・打合せ 2. 除去作業 3. 専用袋詰作業
積込状況
4. 積込状況

 

廃石綿最終処分(管理型)

 

積荷養生 次へ 車両標示 次へ 収集運搬 次へ
1. 積荷養生 2. 車両標示 3. 収集運搬
積荷計量 次へ 管理型最終処分場 次へ 指定ヤード 次へ
4. 積荷計量 5. 管理型最終処分場 6. 指定ヤード
荷降作業 次へ 埋立状況
7. 荷降作業 8. 埋立状況
1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時