会社概要

OA機器/医療機器リサイクル/フロン回収事業企業の情報漏えいを完全に防止

金属系産業廃棄物 リサイクル

産廃工場、スクラップ工場。破砕・圧縮・切断設備完備

環境問題が叫ばれ、物流業界においても様々な取組みが行われている中、静脈物流、エコビジネスが改めて注目されています。
今までの動脈物流だけでなく、調達~生産~販売~回収~処分という、静脈物流までをひとつの流れとして捉え、動脈・静脈一貫物流サービスを推進することは、積載効率を高めるとともに、新たなビジネスチャンスの可能性が更に広がります。

 

不要になった自動販売機、業務用冷蔵庫等には、様々な資源が含まれています。

排出事業者のニーズに合った処理方法をご提案させて頂きます。

 

  • 山陽道龍野、龍野西間、国道2号線沿いの好立地
  • OA機器類から大型機械類、混合廃棄物まで受入可能
  • JWNET・e-reverse.com・EMCO NET対応
  • フロンガス・蛍光灯・電池は事前選別で適正処理
  • 複合品もシュレッダーにより破砕し、磁気選別処理
  • 大手運送会社との連携により広域収集可能
  • 有償、逆有償。いかなる状況下でも受入可能

 

フロン回収も株式会社イボキンにお任せください。

 

改正フロン回収・破壊法が2007年10月1日に施工されました。

ユーザー・ビルオーナーの皆様が業務用冷凍空調機器(第1種特定製品)を廃棄されるとき、および整備されるときの責務が明文化され、責任をもった対応が求められています。特定製品からフロン類をみだりに放出しこれに違反した場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に科せられます。

 

廃棄するには

  1. 廃棄機器のフロン類は、都道府県知事に登録済みのフロン類回収業者に引き渡す事
  2. フロン工程管理票に基づいた所定の書面を交付する事
  3. フロン類の回収・運搬・破壊に必要な費用を負担する事

株式会社イボキンでは、フロンを回収し、セメントメーカーで破壊を行っております。

もちろん、フロン工程管理票も発行しております。安心してお任せ下さいませ。

 

★業務用冷凍空調機器とは?

  • パッケージエアコン、冷凍冷蔵ショーケース、業務用冷凍冷蔵機器、輸送用冷凍ユニット等

 

フロン回収の流れ

フロン回収
  • フロン抜取状況
  • フロン保管状況

 

 

 

 

 

 

 

次に、フレコンによる分別回収・ゼロエミッション関連のご紹介を致します。こちら→クリック

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時