解体事業

専門技術者の配置解体工事施工技士の配置により適正な解体工事の施工を確保いたします。

専門技術者とは

建設業法上(第26条の2)の「工事の施工の技術上の管理をつかさどるもの」で
「主任技術者」を指します。

建設リサイクル法上(第31条)の「解体工事の施工の技術上の管理をつかさどるもので
主務省令で定める基準に適合するもの」で「技術管理者」を指します。

一般的には「現場監督」や「主任者」という言い方をされているケースが多いですが、
イボキンでは「法令上の資格要件を充たした有資格者」を指します。

 

当社では、解体工事の施工に際し
「解体工事施工技士」又は「国家資格者」を配置し、
建設リサイクル法その他関係法令等に的確に対応できるよう現場組織を構成し、
解体工事施工技術確保に努めています。

 

 

施工監督

 

施工監督 施工打合せ 施工指揮

 

現場調査 危険予知活動 指差呼称
工程確認作業

 危険予知活動(KYK) 指差呼称 安全確認

 

 

専門技術者を必要とする災害廃棄物処理ご紹介ページはこちら→クリック

 

解体事業部ではさまざまな解体工事の施工状況をご紹介しておりますので是非御覧下さい。→クリック 

 

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時