廃車豆知識 #2

2014.1.28

抹消できない車の税金をとめたい

 

廃車にするお車は、3月中に抹消しなければ

4月1日時点の車検証上の所有者様に新年度の自動車税納税義務が発生します。284

 

廃車の税金をとめるには、

陸運局で抹消手続きをするのが、一番の方法ですが・・・

どうしても所有者様の印鑑証明や書類が揃わない等

“廃車にして、抹消したいけど・・書類が揃わない。でも税金だけはとめたい”

と、このようなお問い合わせも、少なくありません。

 

今回は、自動車税をとめる“もう一つの方法”について、ご説明します。

 

この手続きでのポイントは、“車を解体した”ということです。

まずは、解体業者に廃車を引取してもらい、解体してもらって下さい。

解体業者が自動車リサイクルシステムで移動報告をすれば、基本翌日から情報が反映され手続きできるようになります。

(※土・日・祝日等の休日の関係で、リサイクルシステムの情報の反映が遅れる場合がございます。)

 

手続きは、所有者様の住所の管轄の県税事務所にて行います。

提出資料は

・自動車に関する申立書(県税事務所で記入してください。)

・車検証

・自動車リサイクルシステムにおいて、解体の事実が確認できる画面の写し

無題

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(インターネットから、どなたでも印刷できます。)

 

弊社では、解体完了後に自動車リサイクルシステムの画面の写しを郵送させて頂きます。

処理期間はお車によって違います。お急ぎの場合は、受付の際にお申し付けください。

姫路市・たつの市の手続きは、当社でも代行致します。(手数料¥3,000-)

詳しくは、弊社スタッフまでお気軽にお問合せ下さい。

 

※尚、各県で手続きが異なりますので、兵庫県外の方はそれぞれの県税事務所にお問合せ下さい。

 

1で分かるイボキン ~5つのポイントをご紹介~
ご提案のご依頼はこちら
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら 廃棄物・リサイクル・解体事業0791-72-3531 金属・自動車リサイクル事業0791-67-2525 受付時間:第2土曜、日曜、祝日を除く8時~17時